オーダーメイド

一戸建てを購入する際には、さまざまな選択肢に悩まされる人がたくさんいます。例えば、中古か新築かという選択肢があります。
中古一戸建ては、当然のことながら入居済みか建築から時間が経っているため当初の価格よりもリーズナブルに購入することが可能です。
新築一戸建ては、まだ価格が落ちていないので中古と比較すると高いですが、その分最新の設備や仕様ですしなにより綺麗という点があります。

コスト面か機能面かによって、中古一戸建てか新築一戸建てのどちらを選ぶのが良いか異なってきます。
また、新築一戸建てに的を絞ったとしても、建売住宅か注文住宅かという選択肢も存在します。

建売住宅には、また入居もなく建築からそう間も経っていない物件がたくさんあります。
最近では、契約が決まってから施工に移るというケースも増えているので比較的新築で手に入りやすいです。
また、基本的に土地とセットで販売されていることがほとんどですので注文住宅と比較すると安い価格で購入できます。

そういったことを考えると、建売住宅よりも注文住宅のほうがコスト的にはかかるということが言えます。
しかし、その分注文住宅は仕様や設備など細かい部分に、希望要望を取り入れることができます。

つまり、自分の希望やライフスタイルなどに合わせて、オーダーメイドで建ててもらえるという点が最大の魅力です。

あとは、一戸建てかマンションかという選択肢で迷う人も多くいます。
それぞれにメリットデメリットは存在しますので、しっかりと自分たちのイメージやニーズを明確にすることが大切です。

おすすめサイト

Calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930